Select Region

Mitsubishi Corporation has Offices & Subsidiaries in approximately 90 countries and regions worldwide

  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America & the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania
  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America &
    the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania

Japan (Head Office)

North America

Latin America & the Caribbean

Please see details of our activities in Latin America & the Caribbean here.

Corporate Brochure

Central Asia

三菱商事

お知らせ

2021年6月1日

新型コロナウイルス感染症対策に関する取組状況について

当社は、社員やお取引先の皆様等の安全を最優先に考え、感染拡大防止に努める共に、適切な事業継続を図る観点から、必要な措置を迅速に実行しています。
緊急事態宣言下においては、政府及び各自治体の要請に従い、衛生管理の徹底や会食?出張を原則見合わせると共に、各組織が業務内容に応じて出社要否を判断し、在宅勤務?時差出勤?ローテーション勤務等を活用しながら業務を継続?遂行しています(2021年5月の本店の出勤率は概ね3割です)。引き続き、感染対策に留意した上で、業務を推進してまいります。
 
(ご参考) 4月23日付 当社ニュースリリース:「緊急事態宣言」を受けた当社の対策について」 
 
【新型コロナウイルス感染症対策に関する主な感染予防?拡大防止策】
 
<在宅勤務推進のための主な施策例>
?時差勤務?フレックスタイム制等を通じた柔軟な勤務体制の促進
?在宅勤務における留意事項を整理し社員に周知
?各種休暇制度の利用促進(利用状況
?人事部?産業医による在宅勤務時の健康管理に関する留意事項の周知
?メンタルヘルスサポートデスクによる心の健康支援?不調者対応
?オンライン社員訪問ツールの導入(OB?OG訪問)
?各種業務の電子化推進(電子契約の導入、社内ワークフローシステムの活用促進等)    
?社内システムにアクセスが可能なPC、スマートホンを全社員に貸与
?ネットワークキャパシティーの増強
 
<出社時の主な留意事項> 
?37度以上又は咳など風邪症状の者は自宅待機
?妊婦、基礎疾患等がある方は在宅勤務を基本とする
?上長は当該従業員の状況(特段の配慮を要する事情の有無)をよく勘案する
?上長は、所属員に対し、勤務体制方針等、十分にコミュニケーションを取ること
?満員電車を避ける(時差勤務/フレックスタイム制を柔軟に活用)
?在宅?出社人員がなるべく固定化しないように配慮
?執務フロア間の不急な移動は避ける

<オフィスにおける主な対策>
?オフィス内のマスク着用義務付け
?エレベーター利用人数制限(混雑緩和のため、出社?休憩時間帯を分散するよう配慮)
?オフィス内換気の強化
?共用部、備品定期清掃?消毒頻度増
?執務エリア(対面の座席間)へのアクリル板設置
?会議室の利用人数制限(半数程度)
?来訪者への入館時の検温(非接触型体温計、サーモグラフィ)
?受付等にアクリル板、ビニールカーテン設置
 

お問い合わせ先

三菱商事株式会社 広報部 報道チーム
TEL:03-3210-2171 / FAX:03-5252-7705
ページ上部へ
迅雷下载 国产精品 99精品国产在热2018 精品国产商场抄底内裤